2016年8月24日水曜日

話すこと 聞いてもらうこと


トラブル防止とストレス解消

「 少し話しでもしよう。
話す…っていうのは…
いいもんでなぁ。
どんな苦しいことでも
話しをすると少しは楽になる。
例えば
お前は無口で何も言わんたちらしいが
しかし,何か苦しいことがあったら
隠さずに話すほうがいいぞ。
こんなときに
ぽつりぽつり話すのも
悪くないもんだよ。 」



これは
黒澤明 監督の映画
「 七人の侍 」

妻が野武士に
囚われの身なっているため
心中穏やかでないものの
感情を殺し,心を開こうとしない
百姓の 利吉
( 土屋嘉男:演 )
に対し
気に掛けて心を開かせようとする
侍の 林田平八
( 千秋実:演 )
がかけた台詞です。


現実においても
人間誰でも
悩みや迷いがありますよね。
愚痴の一つも
言いたくなる時もあるでしょう。

法律実務 としても
離婚なんかは
依頼人が
法律の素人であることが多いし
離婚に踏み切って
弁護士に頼みに来るような
レベルともなれば
マグマが噴出している状態で
お互いに話し合える状態じゃない。

双方,第三者をつかまえて
愚痴の一つや二つこぼしたいほど
うっぷんが溜まっていると
思いますよ。

だから
弁護士のところに来ても
法律的な話しではなく
感情的な話しになる方が
多く見受けられます。

もうこうなった場合は
代理人が間に入って
話しを進めることが
一番の得策だと思います。

自分は離婚の専門家ではありませんが
そういった
離婚の紛争解決に長けている弁護士
います。

まず何と言っても
「 聞くのが上手い 」


全ての依頼人が
同じではないと思いますが
話しを聞いてもらえば
依頼人としても
まずは胸につかえていたものが
取れただけでも
スッキリすると思います。

まず話してもらわないことには
何を考えているのか
わかりませんし
そこから何も始まりませんからね。

そうしてだんだん心を開いていって
信頼関係ができていく。

プロとしては
それを聞きながら
感情的なものと法律的なものに分けて
信頼関係のできた依頼人と共に
解決策を図っていきます。


離婚の案件以外でも
特に刑事弁護の場合は
なおさらですよね。

企業法務あたりを専門にやっていると
個々の血の通った人を
相手にしないので
“ 人は感情的な動物である ”
という意識が希薄になりがちです。


これは
離婚のリーガルカウンセリングの
問題解決に
限ったことではありません。

夫婦や家族,職場や学校などで起こる
色々な問題のなかで
問題の小さいうちに
かかったストレスを解消していくと
問題が大きくなることを
回避できることが多いです。


いわゆる
ガス抜きってやつですね。


リスク管理の研修などで
よく出てくる
労働災害の発生に関する法則の
「 ハインリッヒの法則
( 1:29:300 の法則 )」


簡単に説明すると

「 1件の重大な事故や
災害の背景には
29件の軽微な事故や災害と
300件の事故や災害に至らない
小さな異常がある 」


といった割合を出した経験則で

重大な事故や災害を防ぐには
小さな異常の段階での対処が
必要である。


という事故防止の方法です。

この法則によっても
トラブルを未然に防止するには
日頃のコミュニケーションや
ストレス解消が大事

ということです。


司法試験受験生の場合 はというと
私も法科大学院生とは
色々と雑談をしますが
学生の中には
聞き上手な人が
だいたいいるもんです。

そういう人は
話しやすいので
他の人も話しに
集まって来ますから
是非そういう友人を見つけて
話してみてください。

私の知人もそうですが
「 聞き上手な人 」 は
弁護士になっても
別の道に進んだ人も
ほとんどの人が
いい仕事をしてますね。


話しが深刻ならば
法科大学院 であれば
スクールカウンセラーや教職員など
各分野に専門家がいますので
フルに活用してください。


そういった
専門家や施設などを利用できるのが
法科大学院生の大きなメリット
です。


予備試験組は
孤独になりがちですので
よりガス抜きは重要ですね。


しかし
まず合格を考えるならば
「 七人の侍 」
登場人物に例えるとすると
「 久蔵( 宮口精二:演 ) 」
のように
自分を叩き上げて
合格に向けて頑張ってください。


最後に

「 島田勘兵衛( 志村喬:演 ) 」
七人の中では一番若い侍の
岡本勝四郎( 木村功:演 ) に対して
浪人の現実を諭した台詞に
手を加えて言いますと,


「 勉強して力をつける。
難関試験に受かる。
それから独立して
一国一城の主になる …。
しかしな…
そう考えてるうちに
いつの間にか,ほれ…。
年を取っていく…。
その時はもう
就職先もなければ
金もない…。 」



機を見て
決断することも能力ですね。




自分も
戒めないといけません・・・
(*´σー`)



以上

読んでいただき,
ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿