2016年8月6日土曜日

語学嫌いの邪道で横着な勉強法


法学の勉強をしているときや
図書館で文献検索等の
問合せを受けるとき

外国の文献
あたらなければ
ならないことがあります。

法律や会計用語などの
専門分野の外国語では
一般の英和や独和などの辞典は
使えませんから
専門の辞典が必要です。

通常
専門の辞典
一般の初級者向けの辞典のように
発音にカタカナ書きのないものが多い
ですが

私は語学が得意ではありませんので
発音にカナ書きのある辞典
しかも
コンパクト なものを
探して使っています。

学者の先生や
優秀な学生からすれば
邪道で横着な勉強法
と言われそうですが・・・。

例えば
ドイツ語の法律用語 なら
ちょっと古いですが,
同学社基本用語辞典シリーズ

★ 法律基本用語辞典 - 独・日・英
( 同学社基本用語辞典シリーズ ) / 同学社


本書には
ドイツ語発音のカナ書きがあること。

英語や日本語の索引から
ドイツ語が引けること。

さらには,少量ですが
ラテン語から
ドイツ語,日本語,英語が引けて
ラテン語の発音のカナ書き
付いています。

このように多くを盛り込んでいるため
ドイツ語の収録語句数は
基本重要単語が 約5,300語,
使用頻度の高い成句が 約355例と
少ないのと
古い( 1985年 刊 )ことが難です。

大きさは新書サイズで
厚さは新書2冊分
といったところです。

この
独・日・英対照のシリーズ には
他に
薬学基本用語辞典
医学ラテン語基本用語辞典
スポーツ基本用語辞典 など

あります。

★ 同学社基本用語辞典シリーズ
http://www.dogakusha.co.jp/1kihonyougojiten.html


法律辞典以外では
会計辞典を一つ紹介すると。

★ 会計英和辞典 / シャングリラプレス
が,あります。

この辞典は
米国公認会計士受験用につくられた
会計用語の英和辞典です。

英語発音にカタカナ書き があり
同義語や関連語,反対語などの
記載があります。

さらに
日本語訳にその用語の解説が
付されているものもあります。

また
日本語の索引から
英語を引くことができます。

大きさおよび厚さは
四六版( 有斐閣アルマのサイズ )
より
若干,幅が狭く
高さが指2本分程度高く
厚さは
有斐閣アルマの標準的な厚さのものと
同じくらいです。

この辞典も
コンパクトにできているため
収録語数が約1,300語と少ないです。


このように
辞典を2冊紹介しましたが,

最近は,専ら
「 グーグル翻訳 」
頼っています。

● Google 翻訳
https://translate.google.com/?hl=ja

英語やドイツ語に限らず
フランス語やロシア語
さらにはラテン語など
他の外国語も
単語や文章を入力すれば
翻訳してくれるし
外国語の読み
“ スピーカーボタン ” を押せば
発音してくれるので
カタカナ書きも必要ありません。

また
“ 読み上げ機能 ” を使えば
WebサイトやWordの文章を
読み上げてくれますので
非常に重宝しています。

ただし

◇ Tatbestand
( タート・ベシュタント )

事実
◇ Streitgegenstand
( シュトライト・ゲーゲンシュタント )

主題
◇ Burden
( バーデン )

負担

といった訳が出ます。


法律用語で
◇ Tatbestand
( タート・ベシュタント )

構成要件
◇ Streitgegenstand
( シュトライト・ゲーゲンシュタント )

訴訟物
会計用語で
◇ Burden
( バーデン )

製造間接費 の意味です。

このように
専門用語の翻訳には
対応していません
ので
専門分野の辞典を使いながら
補助的 に使うと効果的です。


これもまた
邪道で横着だといわれそうですが…。
辞典ではありませんが
専門分野の簡易的な辞典代わりに

法律用語対訳集 / 商事法務研究会
を,よく使っています。

★ 法律用語対訳集〈 ドイツ語編 〉 / 商事法務研究会

★ 法律用語対訳集〈 英語編 〉 / 商事法務研究会

★ 法律用語対訳集〈 ペルシャ語編 〉 / 商事法務研究会

★ 法律用語対訳集〈 ベンガル語編 〉 / 商事法務研究会



この本は
刑事事件で使用される
法律用語を中心として
翻訳された用語集で
英語以外に
ドイツ語,フランス語は
もちろん,
ペルシャ語,ベンガル語
タイ語などもあり
中国語も
広東語と北京語とがあります。


それ以外には

● 法令用語日英標準対訳辞書 - 日本法令外国語訳データベースシステム( 法務省 )
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/dict/download?re=01

が,Webサイトから
PDF印刷ができます。

もちろん
これで足らない場合は
専門分野の辞典を使います。


その他に
時々受ける質問では
日本の法律が英訳されている資料
についての問合せです。

日本法の英訳の調べ方 については
先ほど紹介した
法務省
日本法令外国語訳データベースシステム
検索ができます。

● 日本法令外国語訳データベースシステム - 法務省
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/

日本法の英訳の調べ方 について
わからなくなった場合は
国立国会図書館
リサーチ・ナビ
が役立ちます。

● 日本法の英訳の調べ方 - リサーチ・ナビ 国立国会図書館
https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-557.php
トップ
> 調べ方案内
> 政治・法律・行政
> 日本の法律
> 法律
> 日本法の英訳の調べ方


ところで
以前は,グーグル翻訳 の制度が悪く
例えば
スリランカの経済を調べていた時に
スリランカ政府のホームページ
開け
自動翻訳をかけると
「 刑事コロンボ 」 という
単語がたくさん出てきました。

これは
スリランカの元の首都であり
経済の中心地である
“ Colombo ”
「 刑事コロンボ 」
翻訳したためでしょう。

でも
「 刑事コロンボ 」 のスペルは
“ Columbo ” ですので
間違えようがないと
思いますがねぇ~。
謎でした・・・。

今は改善されて
変な誤訳は
だいぶ減ってきました。


それから
これは
法律学とは関係ありませんが

仏典経典 の意味を知り
研究をする場合は
サンスクリット
パーリ語
知識が必要になりますが
グーグル翻訳
そこまでは
フォローしていないようです。


このように
語学を勉強し
知識を得ていくと
空間の広がりが実感できます。

やはり
基礎的な教養は
大切ということですね。


以上

読んでいただき,
ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿