2016年11月25日金曜日

採点実感等の活用法とクイズ番組にまつわる雑記


出題趣旨 及び 採点実感は
司法試験受験者ならば
当然これらを
読んでいると思います。

以前
合格者に
出題趣旨や採点実感などを
どの様に読み
活用したのかを
聞いたことがありました。

その合格者が言うには
出題趣旨や採点実感には
何が問題点として問われているのか。
そして
どのように考えて欲しかったのか
また
してはいけないのか。
などが述べられている
道標 なので
読んで,答案作成の際に
そこを踏まえて書かないと
折角
ガイドしてくれているのに
活用しなければ
読んでないのかな
と思われて
印象が悪くなる。

でも
これらの分析に時間を割いていたら
択一 ( 当時は7科目 ) や
論文の勉強に支障がでてしまう。

そこで
出題趣旨や採点実感の
キーポイントを抽出して

それを
Q&A形式 にし
勉強の合間にそれを見ながら
頭に定着させて
答案を書く際に
そこを意識して
書くようにしていた。

と,教えてもらったことが
記憶にあります。

司法試験をはじめ
あらゆる分野での
勉強法
百人百様 ですので
その人に合った
違う勉強方法もあるでしょう。
こんな勉強法は
無駄だと思う方も
いるかも知れません。

プラグマティズム的 に考えれば
絶対的な勉強法なんていうものはなく
勉強法は
人それぞれ相対的 であり
この合格者は
その方法で合格した のだから
その勉強方法は真
ということです。


この勉強方法を聞いたとき
自分が
外資の保険会社 で派遣社員を
していたときの
研修 を思い出しました。

業務に就く前に
1週間ほど研修があったのですが
色々と専門用語や
マニュアルを叩き込まれます。
そして
研修講師から
毎日課題が出されます。

今日進んだ分を
明日まで全部覚えろとは言いません。
ただ
今日の分で
重要な個所を抽出して
問題と解答を
15問作成してくるように。
と言われました。

翌日
みんなで作成した問題を出し合い
講評します。

問題を作るということは
マニュアルを
理解していないとできません。
また
要約力も必要です。
そして
他人のものと比較すると
自分が落していた
重要なポイントに気づきます。

この研修は
短期間で効果の出る
合理的な方法でした。

この方法は
法科大学院生でいうならば
「 ゼミ 」 と同じ効果 ですね。


この合格者の勉強方法から
もう一つ
思い出したこと
があります。

第1回 アメリカ横断ウルトラクイズ
優勝者 である松尾清三 氏
勉強方法です。

クイズ番組のオールドファンならば
松尾 さんの名は
ほとんどの方が
知っているのではないでしょうか。

この方法は
第1回史上最強のクイズ王決定戦
( 1989年11月14日 )に
放送されていたものです。

松尾 氏
クイズ番組の出場が決まると
“ 新聞などから
クイズに出そうな記事をチェックし
問題形式にして
カセットに吹き込んで聞く。”

という
勉強方法が紹介されていました。

やはり
問題を作って解く作業は
頭によく定着する方法
だと思います。

番組では他に
森田敬和 氏
クイズ番組を録音した
カセットテープを
仕事の合間に聞く方法。

大木一美 氏
ほとんどのクイズ番組を録画し
クイズの本を読む方法。

これらは
司法試験的には
“ 過去問を何度も回す。"
といったところでしょうか。

その他には
水津康夫 氏
あらゆるジャンルの本を
ひたすら読むこと。

これは
“ 基本書を回す ”
ということでしょう。

このように
名だたるクイズ王の勉強方法が
紹介されていました。

これらを見ると
クイズの勉強法も
司法試験の勉強法も
同じことだ。
ということがわかります。

要は
勉強しなければいけない
のではなく
勉強が好きでしょうがない
レベルになると
どんどん頭に入るということですね。


それと
“ 繰り返す ”
ということでしょう

学者もそんなものだと思います。


現在の素人参加のクイズ番組は
「 アタック25 」
ぐらいしかありませんが
1970年代~1980年代 には
「 クイズグランプリ 」,
「 アップダウンクイズ 」,
「 世界一周双六ゲーム 」
などなど

多くの素人参加の
クイズ番組がありました。

懐かしい~。


どうでもいい話ですが
私が以前
お茶の水界隈で仕事をしていた頃
水津康夫 氏 を何度か
神保町で見かけたことがあります。
扇子を片手に持っていましたよ!
( わかる方は
相当コアなクイズファンですね! )


それと
「 アメリカ横断ウルトラクイズ 」
「 全国高等学校クイズ選手権 」
問題集は
手放してしまいましたが

★ 水津康夫のクイズ全書 (センチュリープレス) / 情報センター出版局 / 水津康夫・著

★ クイズは創造力〈問題集篇〉全脳を刺激する「精選1300問」 (センチュリープレス) / 情報センター出版局 / 長戸勇人・著

は,使い古していますが
今でも大切に持っています !!



ところで
クイズつながりで
女子アナ
菊間千乃 さん
司法試験に合格
弁護士 になられたことは
有名ですが,

女子アナ → 弁護士 といえば
自分的には
小池達子 さん ですね…。

「 クイズダービー 」
問題読み上げ
テレビ朝日の
「 おはようCNN 」 などにも
出演していました。

なんて
知的できれいな方なんだろう
と思ってました。

その頃の女子アナって
決して前に出ず
でしゃばらず
淡々と仕事をこなしながらも
知性を感じる方が
大勢いましたよね。

小池達子 さん は特にですね !!

前に
「 クイズダービー 」
古いビデオを見ていたとき
小池達子 さん は
今何をしているのだろう

と思って
検索してみたら。

駒澤ロー を経て 弁護士
なっていたので驚きました。

駒澤大学
「 欽ちゃん 」 のように
駒澤ロー
その辺をもっと
アピールすればいいのにね

と,いつも思っています。

でも
若い人は知らないかな…。


今あらためて
「 クイズダービー 」
見て思うことは
大橋巨泉 氏

「 アメリカ横断ウルトラクイズ 」
福留功男 氏 など

あの頃の司会者は
素人の扱いが上手かったなぁ~。
と感じます。


今回は
自分の趣味に偏った話で
恐縮でしたが,


読んでいただき,
ありがとうございました。


また
平成28年7月12日に
ご逝去されました
大橋巨泉 氏 のご冥福を
お祈りいたします。


以上

0 件のコメント:

コメントを投稿